BMR WayWard site -Bad Moon Rising-

Bad Moon Rising: HM Sound House 1995年3月12日

BMR > index > メディア & イベント > イベント > HM Sound House 1995年3月12日

1995年3月12日 HM Sound House ゲスト(Opium For The Massesプロモーション)

1995年3月12日(日)「Opium For The Masses」プロモーション

Vip Room

1995年3月12日、アルバム「Opium For The Masses」のプロモーション来日中に、BMRのメンバー4人がHM Sound Houseにゲスト出演。HM Sound Houseはこの月で終わってしまうということで、彼等が最後のゲストだった。新宿GBラビッツでの最初のゲストもBMRだったらしい。不思議な縁かも。

Jackie

ゲスト出演+サイン会があるということで、事前にサイン会の抽選(100名)。めでたく抽選券をゲット!あとはメンバーが来るのを待つのみ。待っている間もかなり緊張していた。

午後8時頃、メンバー登場!緊張きんちょうキンチョウ!4人の姿を見て、やっぱりかっこいいと改めて思う。Jackieはショートカットになっていてちょっとビックリだったけれど、とても似合っていた。

サイン会の前に「Opium For The Masses」のプロモーション。DJブースのところでちょっとしたインタビュー。いつもの通り(?)答えていたのは、ビールを片手にしたお方がほとんどだった(笑)。メンバー4人の様子から、このアルバムが満足いくものにでき上がったというのが伝わってきたし、「Blood」以降、いろいろと不安に思っていたことは問題ナイといった感じがした。

そして待ちに待ったサイン会。並んでいる時はドキドキもので、頭の中でどう言うか何度も何度も繰り返す。

この日はメンバーと一緒に写真を撮ることもOKで、私の前に並んでいた友人Aは、KalとDougと一緒の写真を3枚も撮ってもらっていた。羨ましいぞ!(爆)しかし、この3枚はハプニング(?)で3枚になったらしく、友人Aは「え〜そんなに良くないよ〜」と。なぜなら、そのカメラは赤目処理のためフラッシュが2回光るもので、Kalが「そのカメラは変だ」と言い、結局3回も撮ることになったらしい(おそらく1回目のフラッシュの後にすぐ動いてしまい、ちゃんと撮れて無いという判断だったのではないかと思われる)。しかし、そのカメラは、その友人Aの2〜3人前に並んでいた友人Bのもので、友人Bは同じカメラで写真撮影をしたけれど、Kalは何も言わなかったとか。その時は気付かなかったのかいKal?(^^;

Doug

そんなこんなで、ついに自分の番。最初はDoug。サインしてもらうものは、1994年にLAでペイントしてもらった「Blood」の革ジャン。私が話す前に、スタッフの方がDougに革ジャンのことを伝えてくれていて、革ジャンの話しになった。

Doug「その革ジャン高かった?」
私「いや、う〜ん、そんなでもないかな」
Doug「いくらだったの?フォーティサウザウント?フィフティサウザウント?」
私「え??あ、アバウト・ファイヴハンドレット・だら〜ず(500ドル)..」

この時は気付かなかったけれど、Dougは円で値段を聞いてたのか?40,000と言うのはどう考えても円ですよね〜?ドルだったら高すぎるし。確かに「サウザウント」と聞こえた...LAで買ったのに円で聞くのね?(^^;;;

その革ジャンにサインして欲しいということを告げて、袖にサインをしてもらう。そして写真撮影。KalとDoug、2人の間に入ったらそりゃ〜もー緊張緊張で顔がひきつりまくっていた。ちなみに赤目処理のカメラだったけれど、Kalはな〜んにも言いませんでした。「うん、よし!」みたいな雰囲気だった(笑)

Kal

次はKal。1993年Blood Tourの時に作った旗の写真を見せて、覚えているかどうか聞いたところ「イエ〜ス(Yes)」と嬉しそうに答えてくれた(のちに友人に聞いたところ「Beautiful」とも言っていたらしい。気付かなかった、勿体ない(爆))。そして袖にサインをもらう。

Ian

次はIan。と、ここで手に持っていたものを床に落としてしまい、”うわ〜”と焦りまくる。カメラをテーブルの上に置いてあたふたと拾い、ふと顔を上げると、Ianが私のカメラを持って写そうとしていた。で、結局パチリと撮られる(^^; これでかなり動揺した私は、言うことを全部忘れてしまい、思わず旗の写真を見せて「覚えてる?」と聞いてしまった。違う、聞きたかったのはそれじゃ〜ない...でも思い出せない....。そして袖にサインをしてもらった。

Jackie

最後はJackie。もう頭の中は真っ白。話そうとしていた事をすっかりこれまた忘れてしまい、「髪型変えたんだね。かっこいい..」というような話しをして、サインをもらった。だからそうじゃ〜なかったんだよ〜。ここで更に大失敗。IanとJackieと一緒に写真を撮るのを忘れていた。動揺が激しかったので、友人に頼むということも思いつかず...

Ian

その後しばらく友人達とサイン会の様子を遠巻きに見る。幸いサインをしているVIP roomに近い席にいたので、よ〜く観察することができた(笑)

と、ここで、Ianに言おうと思っていたことを思い出す。が、もう遅い...気が付いてくれればいいな〜という淡い期待を持ちつつ、1993年の時に渡した「BMRロゴ入シャツ」を見えるように着てみた。そのシャツは、1993年10月31日にサウンドハウスで行われたハロウィーンパーティーの時に、メンバー4人にそれと同じ様なロゴ入りのものを渡していていたもの。その後、Ianがそれを着ているのを見たという人がいたので、一言「ありがとう」と言おうと思っていたのだった。あ〜なんで思い出せなかったんだろう...。と、ここでIanの目線がシャツへ!?ちゃんとシャツの事を覚えていてくれました。ありがとう。

Kal

サイン会観察で覚えていることは、KalがAerosmithでノッていて、思わず皆で「Kalがエアロでノッてる〜」と驚いた(なんとなくイメージに無かったので)事と、Dougがタバコを吸っていて、これまた驚いたということくらいかな〜(数年前に禁煙を推進していたので)。

そんなこんなで、あっという間に夜10時。この時間には会場を出ないと、最終の新幹線に間に合わない私達は帰ることに。しかしメンバーはまだVIP roomにいた。いったい何時までいたんだろう?この時Kalはず〜っと政則氏と話をしていた。その後の日本ツアーについて「何か新しいことを..」と話していたそうです。そして、その後にあの13都市14公演ツアーの日程が発表された。

サインをもらった革ジャン

Doug and Jackie's Autograph Leather Jacket Kal and Ian's Autograph

[ Page TopPage Top ]